各地区安全運転管理者協会

■村山地区
…山形/ 上山/ 天童/
寒河江西村山 / 村山

■最上地区
…尾花沢 / 最上

■庄内地区
…庄内/ 酒田/ 鶴岡/

■置賜地区    
…長井/ 小国/ 南陽/ 米沢

各地区連絡先一覧

安管業務の基礎知識

<安管は事業所の安全運転対策の中核を担っている>
●安管制度の趣旨
安管制度は、一定台数以上の車両を保有する事業所等において、交通事故防止を図る とともに適切な安全管理体制の中核として必要な業務を行わせるものです。
●事業主の義務
事業主等、車両の使用者は自動車の安全に関する責任を負っており、道路交通法では 次のように定められています。
◆自動車の安全運転確保に関する義務と責任 使用者は、運転者をはじめ
安全運転管理者等に、道路交通法等に規定されてい る安全運転に関する
事項を遵守させる義務と責任があります。
◆安管等の選任と届出の義務
使用者は、自動車の安全な運転に必要な業務を行わせるため、安全運転管理者
とそれを補助する副安全運転管理者を選任し、これを警察署に届け出なければ
な りません。
詳しくは、http://yamagataken-ankan.or.jp/seido まで。
◆安管に必要な権限を付与し、安管法定義務を受講させる義務 使用者は、
安管等に対し、法令で定められた安管業務を遂行するために必要な 権限を与え
なければなりません。また、安管等の自己啓発を促し、効果的な安全運転管理が
できる能力を身に付けさせるため、公安委員会が行う安管法定講習を受けさせ
なけ ればなりません。

<安管の7つの業務>
安管は、事業所における安全な運転を確保するため、具体的に安全運転管理を進めて いく責任があります。
安管が運転者に対して交通安全教育を実施する場合は、運転者の日常の運転について 十分に把握し、運転適正指導又は運転技能指導を受けさせるなどして、きめ細かな指導 を実施することが望まれています。
安管が事業所で実施すべき業務として、7 項目が定められています(内閣府令)。それ ぞれの項目に基づいた指導を行ってください。

① 運転者の状況把握
運転者の運転適性や技能・知識並びに道路交通法の遵守状況を把握するための措置 を行うこと。 運転適性検査や各種のテスト、実技訓練の実施、運転記録証明書(SDカード)の活 用等が挙げられます。
② 運行計画の作成
速度違反・過積載・過労運転・放置行為等を防止し、安全運転を確保するため運行 計画を作成すること。 運転者の運転開始・終了の日時、運転距離、使用車両、交替運転者の配置等安全面 に配慮して作成します。
③ 長距離・夜間運転時の交替要員の配置
運転者が長距離運転や夜間運転をする場合、疲労等により安全な運転ができないお それがあるときは、あらかじめ交替運転者を配置すること。 運転経路、使用車両等に応じて、運転距離、夜間の運転時間、休憩時間等の運転上 の条件、並びに疾病等心身の状態、運転経験、運転技量等運転者の状態を考慮した基準 を定め、かつ具体的な交替配置について配慮されたものとなります。
④ 異常気象時の安全運転の確保
異常気象、天災その他の理由により、安全な運転の確保に支障が生ずるおそれのあ るときは、運転者に対する必要な指示や措置を講ずること。 安管と運転者の連絡方法、雨天・降雪時、氷結時等における運転上の危険を回避す る方法、運転の継続・待機・中止等必要な措置が講じられるように措置されたものと なります。
⑤ 点呼等による安全運転の指示
運転者に対して点呼を行い、日常点検の実施や正常な運転ができることを確認し、 安全な運転を確保するために必要な指示を与えること。 運転者が正常な運転をすることができないおそれの有無を確認するための手段であ り、運転者の健康状態、使用される車両の状態が確認され、かつ安全な運転に関して 必要な注意、指示が行えるようなものであることを要します。
⑥ 運転日誌の備付けと記録
運転者名、運転開始・終了日時、走行距離その他運転状況を把握するため、運転誌 を備え付けて、運転を終了した運転者に記録させること。 日誌は運転者ごとに作成されるが、保管は安管が行うものとし、これに基づき運転 者の適正な管理に活用します。
⑦ 運転者に対する安全運転等の指導
運転者に対し、「交通安全教育指針」に基づいた安全教育のほか、安全運転に関する 技能・知識等を指導・定着させること。

各お問合せは:山形県山形市あさひ町18-25 山形県建設会館内
電話023-633-2716